CHINA-TOWN 2013/12/29

玉置 裕也

ロックウェルズ

tama

玉置 裕也さんってどんな方?

ロックウェルたまき様

青森で生まれ育ち横浜へ流れ着きました、 玉置裕也です。タマちゃんなどと呼ばれております。
只今、ロックウェルズという中華街にある焼酎バーで働いてます。 お酒はもちろん、アート、音楽は全て融合出来ると考えています。 そんなお店造りをしていきたいと思います。

見た目はワイルドですが、中身はとてもソフトで感じがとても良い方です♪ハートもとても熱い方だと話していくとわかりますのでカウンターで話しかけてみることをオススメします!

ロックウェルズで伝えたい3つのこだわりを聞いてみました

ロックウェルたまき様アイキ

焼酎、日本酒、珍味、郷土料理

当店は、焼酎バーと謳っている通り焼酎は150銘柄以上常に取り揃えています。
鹿児島県の芋焼酎の数が一番多く、他に米、麦、黒糖、泡盛と揃えております。
日本酒は季節に応じて日本全国各地の物を仕入れており、それに合わせた肴や珍味も合わせて召し上がって頂きたいと思います。

元町・中華街店にしかない焼酎もあり。焼酎初心者は玉置さんにオススメを聞いてみて、トライ!!

ロックウェルたまき様アイキ

小笠原、海亀

株式会社ロックウェルの1店舗目は小笠原諸島父島からスタートし、
ゲストハウスとバーがございます。 そちらから送られてくる海亀はお刺身と煮込みで召し上がれます。 海亀を食べることに驚かれるお客様はたくさんいます。
しかし小笠原では貴重なタンパク源となる為、今でも捕獲が認められています。

海亀を食べる!?珍しいので、一度は挑戦してみるべき!? 小笠原にも店舗/宿泊施設があり、そこから天然物がそのまま直送されてきているので鮮度も抜群です!!

ロックウェルたまき様アイキ

愛する仲間と自由な人生を

当店のルーツは1994年に自由人で作家の高橋歩が千葉で立ち上げた「ロックウェルズ」になります。 仲間と自分の「本気」を信じ、ロックウェルズは常に進み続けます。

店舗毎に「色」を出させてくれる経営スタイルから、玉置さん自身が地元のアーティストとコラボして店内でアート展示を手掛けていたり、「飲食」だけにこだわりすぎない柔軟な経営スタイルを実行されているのも素敵です!

玉置 裕也さんのインタビューを通じて

良い意味で玉置さんと触れ合い、まっすぐな方だと言う印象を受けました。
ご自身がやりたいこと・お店がやるべきことをきちんと把握されていて、その中でも新しい取り組みなどを積極的に行い、お店を盛り上げていくイベントなども随時開催されています!
来る人を楽しませる玉置さんの姿勢は、きっとお客様へも伝わり優しい雰囲気のお店になっているのだと思いました。お食事やお酒はもちろん、玉置さんが企画するイベントは中華街ではなかなかないものばかりなので是非、チェックしてみてください!!

ー玉置 裕也さんのオススメする元町・中華街の遊び方 ー